日々の出来事、食べ物・・・ ヨガと書道とヴァイオリン♪


by harinezumi_van

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

以前の記事

2017年 01月
2016年 04月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

カテゴリ

全体
Canadiana
Food
Vacation
出来事
ひとりごと
ばいおりん♪
書道
ヨガ
プロフィール?
未分類

はりねずみからのお礼

はりねずみのBlogへようこそ!
毎日の出来事やおいしい食べ物をご紹介できればと思っています。みなさまからのコメント大歓迎です!お待ちしております。

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

思い出ディナー

今日は、先月になくなったお義母さんと友人のメモリアルとして、Jo Ramenと二人で、ママが来ると必ず予約を入れてディナーをしていたProvanceで思い出を語りながらディナーをした。

初めてママを連れて行って、その後ママが来るたびに食べに行っていたあそこのシーフードプラッターを頼んだ。『いつもの・・・』である。

二人でワインやスパークリングを飲みながら、ママの思い出やディーターの思い出を語った。
ディーターとの思い出は、彼がレースのマネージャーで世界中を飛び回っては「空港→ホテル→レーストラック」の魔の三角生活から抜け出すすべを習った。
それは各々国で必ず彼がその三角生活から抜け出す唯一の自分の時間を見つけることだった。それは各地の郷土料理を、その街の小さな食堂やタパスやバールや、居酒屋など、そういった場所で彼なりの郷土のものを食べるということであった。
それは、各地での遠征をより意味のあるものにするためのすべであった。

2002年、Jo Ramenが行った先のスペインでは「ここにきたなら、本場の“シェリー”を飲まなくっちゃ!」と初めてJo Ramenが味わった『本物』のシェリーの味が忘れられないのだという。
そのシェリーを知ってから、ポルトガルでは「ポートワイン」やシーフードをレースチームと堪能したそうだ。

もちろん、2003年私たちがスペインへ行ったときも、ディーターの行きつけのタパスへ毎日足を運んでは土地のおいしいタパスの品々を堪能したものだった。
そんなディーターのグローバルな生き方に私たちは、開眼されたのだった。

そんな話をディナーをしながら語った。

もちろん、そんなディーターの生き方は私たちに強く影響したし、これからの生き方においても強く影響していくとおもう。そうしてずっと彼が私たちの中に生き続けてくれることだろうと思う。

デザートのとき、もちろんJo Ramenは思い出のシェリーをデザート酒としてオーダーした。私は、今までチャレンジしたことのないイタリアのお酒『グラッパ』をオーダーした。

噂の『グラッパ』、ディーターがしたように本当は本場イタリアで味わいたかったが、今日は特別なディナーだったので「えぇ~い!新しいものにチャレンジしよう!」と“危険な匂いがする”グラッパを頼んだ。

やってきた『グラッパ』は・・・

はやり噂どおり。。。

めっちゃきつい!

それも、『めちゃくちゃ』

一口・・・

焼酎のもっときついような味。

それも。。。めちゃくちゃきつい。

やっぱり以前本を読んでグラッパについて知ったとおりの『おそるべき』飲み物であった。

一口味わったJo Ramenが「『ペンキ薄め液』だ!」と・・・

そしてウェイトレスのお姉さんまで『まるでマニュキア落とし』とまでいうありあさま。

でもねぇ、貧乏性って怖いですね。

グラスに入ったこの『魔のグラッパ』を全部飲みましたさぁ~
(だってもったいないんだもん・・・)→「もったいない」とか言っている場合じゃないのに。。。

家まで歩いて帰った45分のあいだ、なんとかJo Ramenと一緒に歩いて帰ったものの。。。家で天井がぐるぐる回っていました。

グルグル~ぐるぐる~天井が動く、不思議な体験(笑)

そんなわけで、今度イタリアに行って本当にもう一度『本物の』グラッパを見つけたときだけ、そのときだけ『本場』を味わってみようと思います。

そう、ディーターがいつも言うように・・・
[PR]
by harinezumi_van | 2008-11-20 23:20 | Food